人気ブログランキング |

日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

カテゴリ:ゴルフ( 3 )

私のゴルフの目標は70台を出すこと。最初に80を出してから15年以上経つし、その後3~4回80は出しているが、どうしても80の壁を破れないでいる。
震災後1年間ブランクがあり、その後はよくても80台半ばのスコアがやっとという状況だった。年齢的なものもあり、正直もう70台は無理かな、と諦めていた。
だが、6月9日に83、そして8月18日には80を出すことが出来、まだ70台が狙えるんじゃないかという気持ちになってきた。
今回は8月18日のラウンド内容を記録しておこうと思う。

コースはザ・ダイナミックGC。天候は晴れで、それなりに風が吹いていた。

1番ミドル。ドライバーはFWキープ。残りピンまで120yを9番アイアンで手前5mに。バーディパットはカップのフチで止まってしまい、パー。

2番打ち下ろしのショート。この日は右グリーンで、ピンは一番奥。普段は7番を使うホールだが、奥のピンを考慮して6番を選択。いい当たりで「ベタピンか」と思ったが、グリーン手前5mに落下。ショートしてから気づいたが、結構なアゲインストだった。そこからパターで打ったが予想以上に芝に食われ、10m以上残す。そのパーパットも2mショートするが、何とか入れてボギィ。

3番ロング。1WはFWセンター。2打目の5Wは当たりが薄く右ラフへ。残りピンまで100yの打ち上げは
PWで打つが、トゥに当たってフェースが開き、グリーン右へ。パターでもいけそうなところだったが前ホールのことがあったので、PWでランニング。ところがこれがトップして10yほどのアプローチだったのに7mオーバー(全然寄せじゃない)。2パットでボギィ。

4番ミドル。ドライバーは右ラフにわずかに入ったところ。距離はエッジまで80y、ピンまで90y。ただし結構なつま先上がりで、そう易しいライではないが、PWで上手く打てた。右7mにオン。2パットでパー。

5番ミドル。ドライバーがヒールに当たりバンカーへ。そこから6番アイアンで手前エッジまで運ぼうと考えるが、ダフって50yショート。3打目はAWでピン手前8m。カップとの間に山があり、その下り斜面にカップがあるという難しいパットだったが、50cmに寄せてボギィ。

6番ショートは当たり損ねて右手前にショート。しかし、そこからの30yのアプローチをSWで1mにつけて見事パー。

7番ロング。1W→5Wで残り40y。PWで少しランを使って寄せようとしたが、4mほどオーバー。下りのバーディパットは打ちきれず30cmほどショート。「お先に」とタップインのはずがまさか外れてボギィ。こんな短いのを…とショック(トホホ)。

8番右ドッグレッグのミドル。ドライバーは突き抜けて左ラフ。そこからピンまで135yを8番アイアンで手前10mにオン。2パットのパー。

9番はFW左とグリーン手前が池のミドル。2nd8番アイアンで4mのバーディチャンスにつけるが、ラインが難しすぎてとても狙いにはいけない。2パットでパー。

以上、前半のOUTは40。返す返すも7番のお先外しが痛かった。「あれが入っていれば39だったのに」とずっとそのことばかり考えていた。
しかし、40はそう悪くない。後半30台なら夢の70台達成だ、と気持ちを切り替えて後半に臨む。

10番ミドル。FWセンターから8番アイアンで狙うが、右バンカーへ。1mに寄せてパー。

11番は175yほどのショート。5番アイアンで6mにオン。バーディパットは1m強もショートしてしまうが、しっかり沈めてパー。

12番ミドル。ティショットは左ラフ。残りはグリーンまで90y、ピンまで100y。PWで打つがラフに食われたのかわずかにショートして手前バンカーへ。この「わずかにショート」が仇となって(いっそ大ショートの方が良かった)ボールはバンカーのオーバーハングの下…。とりあえず打ってはみたが、出るはずもなく、ボールはバンカーの底へ転がり落ちる。次のバンカーショットは加減しすぎて脱出できず…。次を乗せても5オン…と絶望的な気持ちになるが、目の前の一打にベストを尽くそうと考えて、緩まないように注意して打ったバンカーショットは1.5mに付く。軽いフックを気力で入れて、それでもダボだが、バンカーショットを寄せてパットも決めたことで気持ちは切れなかった。

13番ミドルは左ラフからの70yを乗せてパー。

14番ロングは1打目2打目と当たりが悪く、3打目はグリーンまで150y、ピンまで160yで、かなりのつま先上がりという状況。距離的には6番アイアンだが、つま先上がりを考慮して5番アイアンを極端に短く持ってコンパクトなショット。久しぶりに真芯に当たった音と手応えで、ボールはグリーンへ。やったね! 8mを2パットでパー。

15番ショートはピン左7mに1オン。2パットでパー。

ここまでこのハーフは12番のダボ以外すべてパーで2オーバー。諦めずに粘った甲斐があった。残り3ホールを1オーバーなら70台だ。スコアは考えないようにしよう、と思いながらも計算してしまう。

16番ミドル。ティショットはヒールに当たり、FWはとらえたものの距離を残してしまう。グリーンセンターまでなら6番の距離だが、ピンは一番奥。無難にセンターを狙うか、それともピンまで突っ込むか……結局5番でピンを狙うことにした。それも左手前にバンカーがあるので、花道からフックで狙っていこうと。……後で考えてみれば、フックは距離が出るのだから、フックで狙うなら6番でよかったのだ。5番アイアンで予定通りフックしたショットはグリーンをオーバーしてしまう。奥からのSWのアプローチはいわゆるチャックリでやっとラフを越えてカラーに届いただけ。10mをパターで1m弱に寄せるが、それを外してダボ。

70台のためには残り2ホールのどちらかでバーディが必要になる。

17番短いロングは2オン狙い。距離的には届いていたがわずかに右。アプローチは寄せきれず4mほど。チャンスといえばチャンスだが、下りのため狙えず。寄せるだけで2パットのパー。

18番ミドルも2オンするが10m。本当はショートだけはダメな場面だのだろうが、ショートしてしまう。2パットのパーで、後半は7パー2ダボの40、トータル80。

後半は16番のダボがすべてだった。2ndをグリーンのどこでもいいから乗せておくか、アプローチを5~6mに乗せてのボギィでよかったのに……。

まあ、調子が良ければこの程度のゴルフはできるという自信は付いた。次回こそは……。
by usagi-kani | 2013-08-23 21:52 | ゴルフ

憧れのボナリ

一度はプレイしたい!と憧れ続けてきたボナリ高原GCをついに回ることが出来た。
f0052907_1534032.jpg

有名な3番ロングは豪快なロケーション。「日本一のロングホール」も納得。
ただ距離は短くて、レイアップのつもりがガードバンカーに届いてしまった。私の飛距離でも2オン可能なようだ。またチャンスがあったら狙ってみようかな(笑)

3番ホールに限らず、距離は全体的に短かった。ミドルホールはほとんどがウェッジだったし、ロングも3つは私の飛距離でも2オン可能だった(実際に16番は2オン成功した)。バンカーが効果的に配置されてはいるが、(距離的に)物足りない、というのが感想。バックティからやれば全く違った印象になるのだろうが。

さて、スコアだが、調子が良くて(ドライバーは特に)パーオンも12ホールでしているのだが、93も叩いてしまった。
原因はパター。なんと3パット9回でトータル44パット。どうしようもない下手さですね。トホホ…
by usagi-kani | 2012-09-12 13:59 | ゴルフ

マッスル!

「CHOICE」誌の「アイアンマンを目指すならギアはマッスル」なる記事を読んで、その気になってしまい、マッスルバックアイアンを購入してしまった(^_^;)

マッスルバックアイアンと言えば、ミズノのMPが思い浮かぶが、メーカーとしてはBSが好き。
そこで選んだのは、2代目X-BLADE。
いつものゴルフパートナーで取り寄せてもらったので、到着するまで実物を見られなかったのだが、値段の割に非常にキレイで、何か得したような気になった(^o^)

f0052907_2045087.jpg

一般に言われる「マッスルへの憧れ」や「こだわり」は私にはない。
格好良くて打感が良ければキャビティでも全く構わないと思っていたのだが、いざ手にしてみたら……「格好いい!」
正直アイアン上達のための練習用と思って買ったのだが、本気で使ってみたくなった。

シャフトはM266V。このシャフトは丸山茂樹がUSツアーで266ストロークで優勝したのを記念して名付けられたもの。NSプロ1050GHの改良版ということで、ちょうど950とDGの中間の重さになる。
今まで長いこと950を使っていた私が今回これを選んだのは、少し重いのを使って身体を鍛えたいという思いから。
最初はDGにするつもりだったのだが、注文する段になって「やっぱり無理かも」と弱気になってこれにしてしまった。

ヘッドはキレイだが、グリップはツルツルで交換しないと使用できない。ツアーベルベットのラウンドタイプを逆ざし(裏ざし)しようと思う。
by usagi-kani | 2011-02-22 20:51 | ゴルフ