日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

これはおもしろい!

10月9日、天気のよい3連休の中日であるが、足が痛くて動く気にもならない。ずっと家にいた。
時間つぶしに読書でも、ということで、今回選んだのは、伊坂幸太郎『マリアビートル』。

おもしろかった!

休日とはいえ、それこそ寝食を忘れて1日で読了してしまった。娘の面倒を見なければいけなかったのだが、一人で遊ばせて読書に耽ってしまった(^_^;) それくらいおもしろかった。おもしろさだけなら私の読書人生でもベスト5には入るだろう。

特別何かを考えさせられるという小説ではないので、感想は「おもしろかった」だけですませるが、気になった箇所を引用しておく。

「放射能は目に見えないし、匂いもない。命令通りにやれば気分も悪くならないよ、と兵士たちは教えられるんだ。で、核兵器が爆発して、まだキノコ雲が上がっている場所に向かって、兵士たちは歩きはじめるんだよ。いつもの同じ服で」
「何だよそれは。放射能ってのは大したものじゃないのか?」
「そんなことあるわけないよ。みんな、被爆して、大変だよ。ようするにさ、人というのは、何か説明があれば、それを信じようとするし、偉い人間が自信満々に、『心配はいらない』と言えば、ある程度は納得しちゃうってことだよ。(中略)僕たちからすれば、馬鹿な話だけれど、国が冷静に、自信を持って断言すれば、それが正しいと思わざるをえない。でしょ。実際、それはその時には正しいことだったんだ。ほら、今となっては健康被害をもたらすから禁止されているアスベストも、昔は、耐火性、耐熱性に優れて、重宝されていたわけでしょ。」

これって今の日本? この話、いつ書かれたんだろう。原発事故の後なのかな。まあ、それによって作品の評価が変わるわけではないから調べることもしないが。

蜜柑というすごく魅力的な殺し屋があっさりと殺されてしまったのだけは残念。
[PR]
by usagi-kani | 2011-10-13 20:21 | 本・ことば | Comments(0)