日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

タグ:篠田節子 ( 1 ) タグの人気記事

最近読んだ本

どういうわけか読書欲が高揚してきて、普段の3倍くらいのペースで本を読んでいる。普段は月2、3冊だから、月10冊に近いペースだ。今月は10冊を越えたかもしれない。
本を読むのはもちろんよいこととして感じているから、困惑しているわけではないのだが、なぜ急に読書欲が高まったのかは自分でも不思議だ。

■『ノルウェイの森』(村上春樹)
読むのはもう何度目だろう。何回読んでも、素晴らしい小説だと思う。
初めて読んだときは「直子」の印象が強かったのだが、読み返すたびごとに次第に「緑」が魅力的に思えてくる。なぜだろう?

■『光の帝国』(恩田陸)
超能力(?)を持つ常野一族をめぐる十の物語からなる短編集。
ネットのレヴューの評価は高めだが、個人的には読むほどの価値はなかったな。

■『純愛時代』(大平健)
「純愛」というと、身体の関係のない精神的な恋愛を思い浮かべる年代(自分だけ?)なのだが、やはり時代は変わったようだ。恋愛にどこまで本気でのめり込むか……精神科医の患者の事例集だから、登場人物たちは皆精神を病んでしまうのだが……が「純愛」かどうかを決める。計算や抑制の働く恋愛は「純愛」ではない。肉体関係の有無は関係ない。
それにしても、単なる症例集にしか私には思えない。もっと分析があってもよかったのではないか。

■『きっこの日記』(きっこ)
数ヶ月前からブログを読み始めた。古い記事も読んでみたいと思っていたので購入した。
買って損したとは言わないが、わざわざ買わなくてもよかったかな。続編も出るようだが、もう買わない。ネットで読むだけで十分。

■『女たちのジハード』(篠田節子)
数名の独身女性の、恋愛、結婚、仕事、要するに人生を描いた物語。
個人的にはすごく好きな小説で、読み返すのは4回目くらいだろうか。女性ってこういう考え方、感じ方をするのかと「学習」しながら読んでしまうのだが、果たしてどの程度正確に「女性」を描いているのか不安になることもある。間違った女性観を植え付けられている可能性もあるから(笑)。
[PR]
by usagi-kani | 2007-01-31 05:45 | 本・ことば | Comments(2)