日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

タグ:日本作家カ行 ( 4 ) タグの人気記事

窪美澄『アニバーサリー』を読んだ。
彼女の作品は『ふがいない僕は空を見た』『よるのふくらみ』に続いて3作目(だと思う)。「性」を中心に据えて人間をよくとらえていると思う。
現在私が一番注目している作家だ。

戦争と東日本大震災。
二つの悲惨な出来事には数十年の時間差がある。
その間に社会は大きく変わった。文化が発展し、特に電化製品が進化した。女性の社会進出も大きく進んだ。その変化が女性や子どもに何をもたらしたかを的確に描き出している、と思った。基本的に私も作者と同じことを考えているので、共感できた。

以前に読んだ2作品も素晴らしかったが、この作品も(村上春樹なんかより)読む価値のある小説だ、と感じた。
世の子育て中の親に、あるいはこれから親になる人に是非読んで欲しいと思う。

印象に残ったところを書き抜いておく。
目標を持ったほうがいい。夢を叶えるために頑張ったほうがいい、と言われると、具体的な目標や夢を持たない自分が、なんだかだめな人間みたいに感じられる。自分が好きなことは、写真を撮ることだけど、それが目標や夢かどうかはよくわからなかった。

自分だけの洗濯機、掃除機。なにか一つを手に入れるたびに、自分が豊かになった気分になった。炊飯器、電子レンジ、電気ポット。温かいものをいつでも子供たちに差し出し、与えることが幸せだった。
少しずつ豊かになって便利になった。
そして、同時に、何かが少しずつ損なわれていったのだ。自分の知らないところで。

明るいものを、温かいものを、自分より後に生まれた人たちに渡していたはずなのに、それは自分が思っているよりも、ずっと冷たくて硬いものだったのかもしれない。真菜に言われたように、私たちは望みすぎたのかもしれない。もっと、もっとたくさん。二つの手のひらに載せられないものを私たちは欲しがったのだ。


自分がよかれと思ったこと、それが相手にどう受け取られるかはわからない。でも、私たちは私たちが手にしたものを子どもたちに、次の世代に手渡していかなければいけない。たとえ「負の遺産」などと言われようと。その連鎖こそが人間が生きるということなのだろう。

ネットで検索したら、作者がこの作品について話をしているインタビュー記事があったのでそれも載せておく。
たとえば2013年に『アニバーサリー』という本を出したのですが、執筆し始める前に3.11の震災がありました。
これは私の個人的な思いなのですが、男の人に対して怒っていたんです。それがすごくダイレクトに本に反映されています。ああいう有事があったとして、男の人の手は借りないよ、という。子どもを生みたくても、言い方は悪いけれど種だけくれれば、世代を越えて女同士は協調して生きていきます、という話だから、たぶんあれを男性が読むと相当キツいんではないかな、と(笑)。書いた後も、「これは書きすぎたな」と思う節はありますね。

[PR]
by usagi-kani | 2015-03-12 21:15 | 本・ことば | Comments(0)

久しぶりに本を購入した

「戦争で死んだ兵士のこと」という本を購入した。

震災以来、モノはなるべく持たないように生きようと決めたので、(雑誌以外の)本を買うのはこれで2冊目。

何冊か読んでいる小泉吉宏氏の絵本である。
これまで読んだのは「楽しく哲学を学ぶ」という内容のものばかりだったので、これはかなり異色の一冊だ。

各ページにシンプルな絵と2行前後の文。
ページ数も20ページ強だから、あっという間に読めてしまう。

だが、これはゆっくりと一場面一場面を味わいながら読み進めなければいけない。この場合の「味わう」とは、その場面を細部(前後の出来事や雰囲気、会話や心理など)まで想像しながら読むということ。
そうすることで、「死んだ兵士」の人生を読者はリアルなものとして感じることができるようになる。
その作業がなければ、この本は「ふーん、悪くはないね」くらいで終わってしまうだろう。

どんなふうに失われた生命であっても、そこに至るまでには様々なことがあったのだ。両親の喜びと期待、友人や恋人との出会い、もちろん失敗や恥ずかしい思いも…。
そんな当たり前のことを、当たり前過ぎて見ようともしないことを改めて気づかせてくれる、本当に素敵な本だ。

ただ、注文をひとつ。
「敵の兵士を殺した」というひとコマを是非入れるべきだ。
そうすることで、残虐なことを行なった兵士であっても、決して我々とは別の存在でなく、我々とまったく同様の「平凡な」人生があったことを読者は強く感じるようになるだろうから。
[PR]
by usagi-kani | 2012-05-29 05:16 | 本・ことば | Comments(0)
「はじめての文学」シリーズというのがある。出版社は文藝春秋。
ある作家を初めて読む、あるいはどんな作品を書く作家なのか知りたい、という人のために、その作家の短編を数編集めたシリーズである。

今回そのシリーズの「川上弘美」を読んでみた。

川上弘美は、特別好きではないが、結構高く評価している作家なので、すでに「センセイの鞄」をはじめいくつかの作品を読んでいる。
実はこの「はじめての文学 川上弘美」自体、今回で2度目。

川上弘美の小説は(すべてではないが)超現実的・象徴的で、よく(まったく)わからないが、それだけに「何を表しているんだろう」と考えさせられる。自分が変化すればそれに応じて作品の解釈も変化するわけで、「今回はどんな解釈ができるかな」という楽しみがあって時々読み返したくなる作家なのだ。

この本に収録された作品の中では、「ときどき、きらいで」と「草の中で」が好き……というのが前回読んだときの感想だが、基本的に今回も変化はなかった。
自分が変化していないってことなのだろう。

「ときどき、きらいで」は、「恋多き女」である母親を許せない女性が、あるとき友だちと裸エプロンをしてみる話。母親の「ふしだらさ」のひとつの象徴が裸エプロンだったわけだが、実際やってみたら思っていたほどたいしたことでもなかったという感想を持つ。これは母親を理解できた、母親との距離が縮まった、ということだろう。
真面目で潔癖な娘にとって、ふしだらな母親は理解不能な嫌悪すべき存在はず(そこまでは嫌っていないようだが)。その母娘の距離を縮める手段として「裸エプロン」を用いるなんて、作者の発想のすごさには脱帽させられる。
男には無理な発想だろうな。

「草の中で」は少女が大人になる過程を描いたもの。
これは誰にでも受け入れられる、わかりやすい良作だと思う。
教科書に載せて、まさにその年代の中高生に読ませたいくらいだが、おっぱいを吸うシーンやキスのシーンがあるから無理だろうな。
そんな性的なものにぶつかって(受け入れ、あるいは拒絶して)大人になっていくんだけど。

「こんな小説もあるんだ」と、小説に対する視野を広げるためにも生徒たちに薦めたい作家。たぶん「わからない」だろうけれど、自由に読み取っていいのが小説の面白さなのだ。そんな楽しみを知ってほしい。

川上弘美といえば、「春の憂鬱」というエッセイを授業で扱ったことがある。
これはいい話だった。高校に入学して最初の教材として扱った(教科書の最初に載っていた)のだが、さわやかな希望を生徒たちに与えたのではないかと思う。
[PR]
by usagi-kani | 2011-12-01 04:56 | 本・ことば | Comments(0)
江戸川乱歩賞受賞作ということで読んでみた。

一気に読めたから「おもしろかった」とは言えるのだろうが、個人的には高い評価は出来ない。
話の展開が都合よすぎて、読者が納得する前に話ばかりが先に進んでいる感じ。だから、リアリティが感じられなかった。呪いがテーマになっているせいもあるのか、ライトノベルを読んでいるような感覚に陥った。登場人物のキャラもライトノベルによくある感じだし。

う~ん、借りて読むならいいけど、買ってまで読むほどの価値はない、というところかな。
ちなみに、私はもちろん「借りて」読んだ(^_^)v
[PR]
by usagi-kani | 2011-10-01 06:43 | 本・ことば | Comments(0)