日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

アンケート回答

f0052907_539956.jpg

現在大学2年生になっている卒業生から手紙が来た。
実際に学校で教育をしている人にインタビューをして、それをもとにレポートを提出する課題が出された、帰省している余裕がないので、同封のアンケートに答えて送ってくれないか、という依頼であった。
その回答をここに残しておこうと思う。自己の記録として。
質問数自体少ないし、時間的な問題もあってそう丁寧に答えたとも言えないが、果たして彼女の役に立ったであろうか。「助かりました」というお礼のメールは来たが……。

          * * *

Q:これまでの指導経験は?
A:21年目(担任を持つことが多く、うち17年は担任をしている)

Q:教師になった理由は?
A:未来に関わる仕事だから。未来があるから社会(世界)は成立する。未来がなくなれば、人間は絶望するか自暴自棄になるか……いずれにしても社会は成り立たないであろう。人間にとって最も大切なものは未来。そして、未来とは子供たちである。そんなことから、子供(の教育)に関わる仕事に就きたいと考えた。
 また、自分の関心が人間や芸術にあり、政治経済には全くないので、一般企業には向かないかな、と考えたことも理由である。

Q:教師になって苦労していることは?
A:(苦労というより悩みだが)やらなくてはいけないことが多くなりすぎて、本来一番大切なはずの生徒と接する時間を削らざるを得なくなってしまっていること。忙しいときに生徒から相談を持ちかけられると「迷惑」と思ってしまうことさえある。とにかく多忙である。

Q:教師のやりがいは?
A:(実際にどの程度関与しているのかは不明だが)子供たちの成長に関われること。特に3年間受け持った場合は、「入学したときはあんなに子供っぽかったのに、大人になったな」と実感される。

Q:指導する上で心がけていることは?
A:教科指導では、考えさせること。それ以外では、「選ばせる」こと。ルールだから守る、ではなくて、ルールを守らないで罰を受けることも選択肢として与える。盲目的にルールを遵守するのではなく、考えて決めること、自己が責任を負うことを教えたい。

Q:昔の生徒と今の生徒に違いはあると感じるか。感じたとしたらどのような点か?
A:以前「(家庭が)過保護になって子供が何もできなくなった」と言われた時代があったが、現在は学校自体が過保護になっている。家庭も学校も過保護なので、(親や先生が何でもしてくれるから)自分では何もできない生徒が増えている。指示待ち人間で当たり前、指示されたことができればよし、と考えなければいけなくなった。
[PR]
by usagi-kani | 2007-07-19 05:40 | 学校・教育 | Comments(1)
Commented at 2007-07-20 19:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。