日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

醍醐味

先日、日光江戸村へ行った。
そこで上演されていた「遠山の金さん」の劇中に「『醍醐味』の『醍醐』はチーズのこと」という台詞があった。
その時は、へぇ、ひとつ利口になったと思って聞いたのだが。

帰宅後、念のためネットで調べてみた。知ったかぶりをして恥をかきたくない。

「『醍醐』とは牛や羊の乳を精製した濃厚で甘みのある液汁をいう」

液汁だから、チーズとは似て非なるものなのかな? それを固形化したのがチーズということなのだろうか。よくわからない。バター、と書いてあるサイトもあったし。

そう言えば、大学の先輩に、何かの機会に「ダイミゴ」って言った人がいたなぁ。
ちょっと怖い人だったから、どう反応していいのかわからず、やり過ごしてしまったが。
ひょっとして受け狙いでわざと間違ったのか? いや、そんなわけないよな。

「物議」を「モノギ」と言った国語の先生もいた。
職員会議中の発言で、何度もその言葉が出たのだが、他の先生方は気にしている様子もなかった。
さすが大人だ。いや、もしかして聞いてなかった(笑)。

かく言う私もそんな間違いを数限りなく繰り返しているんだろうな。
指摘して欲しい気もするが、実際そうされたら恥ずかしいだろう。

言ってやるのが思いやりなのか。気づかないふりをするのが思いやりなのか。

私としては言ってもらいたいが。でも、人には言えないな。

(写真は昼食を食べた日光江戸村「串尽」の店内)
f0052907_10271161.jpg

[PR]
by usagi-kani | 2006-10-29 10:29 | 日記 | Comments(2)
Commented by kazemachi-maigo at 2006-10-29 17:34
へぇ~~~
そうなんですか。
ちっとも知りませんでした。

「醍醐」っていうと、「醍醐の花見」とか「醍醐天皇」とか浮かんでしまいます。
そうすると、京の醍醐寺で花見をするときは、酒ではなくミルクで盛り上がり、醍醐天皇は勺の代わりに哺乳瓶(その頃はないって!)を持っているような気さえします。

金さんがなじみの居酒屋で、チーズを肴におちょこを傾けるなんて図もまたオツかもしれませんねぇ。
Commented by usagi-kani at 2006-10-30 05:53
kazemachiさん、おはようございます。
検索していたら、醍醐カルピス(だったかな?)というのも販売されているようです。醍醐の味付けをしたカルピスのようなんですが…。
ちょっと飲んでみたいなと思いました。