日々の出来事、言葉との出会いを綴っていきます。何年後かの自分のために。

by usagi-kani

学級通信第3号の詩

あの子にはお父さんがいない。
だからかわいそう…そう思っていた。
でも、あの子にはお姉さんと弟がいる。
私はひとりっ子。兄弟ゲンカをしたことがない

別の友だちは勉強ができる。
私は負けてばかりだ。
でも、その子は泳げない。
プールのある日は憂鬱そうにため息ばかりついている。
私はプール大好きなのにな…。

そうなんだ。
みんな何かが欠けていて、
でも、みんな何かを持っている。

だから、
誰かに同情したり、うらやんだり
自分を誇示したり、卑下したり
そんなのホントはいらないことなんだ。

私は私。それでいい。

ところで、あなたは……

***************

書き出しの「あの子にはお父さんがいない」は書き改めようかどうしようかずいぶん迷った。
我がクラスにも数名片親の生徒がいるからだ。
彼らを傷つけることになるのではないか、との逡巡があった。

でも、結局はこれでいくことにした。
そういう子供たちにこそ伝えたいと思ったから。別に両親が揃っていないことで自分を卑下する必要はないんだよ、と。
また、他の子供たちにも「親がいない子供はかわいそう」といった世間の「常識的」な目で見て欲しくなかったから。

自分なりに考え抜いての決断ではあるが……。
それでもいまだに「先生のあの詩に傷ついた」と思われていないか気になる。
[PR]
by usagi-kani | 2006-07-09 05:57 | 学校・教育 | Comments(0)